Alcott

メンズビジネスシューズの最新トレンド:足元から印象を変える

お問い合わせ・ご予約

メンズビジネスシューズの最新トレンド:足元から印象を変える

メンズビジネスシューズの最新トレンド:足元から印象を変える

2024/05/27

ビジネスマンにとって、ビジネスシューズはとても重要なアイテムです。足元にこだわることで、ビジネスシーンでの印象が大きく変わることもあるでしょう。嘘か誠か足元を見るという言葉もあるぐらい足元は重要視されるポイントなのです。最近では、様々なスタイルのメンズビジネスシューズが登場し、実用性だけでなくデザイン性も求められるようになっています。本記事では、最新トレンドを取り入れたメンズビジネスシューズを紹介します。

目次

    靴ってキレイである必要あるの?

    ビジネスでスーツスタイルの場合は、スーツやYシャツの清潔感はもちろん、足元のレザーシューズの清潔感も非常に大切です。定期的にブラシで汚れを落としたり、シューズクリームなどでお手入れが必要です。 逆に言えば、ブランドのスーツに身を包んで、身なりを整えていてもレザーシューズの手入れをおろそかにしていると台無しになってしまうというわけです。 しかしながら、毎日のこととなると目線から離れる足元の部分だし、そこまで誰も見てないだろう・・・と徐々に手を抜いてしまいがちな部分なのです。 ビジネスマンにとってレザーシューズはスーツ同様、仕事の様々な場面において重要なポイントとなります。 取引先や会社内でのあなたに対する印象や評価にもつながります。同時に、自分自身を表現する手段でもあります。 言い換えるなら、Yシャツにまったく手入れや頓着がなく、シワのついた黄ばんだシャツを着る人に対して良い印象や、高い評価をするだろうか?そう考えると突然、誰しもが「そんなYシャツは着ない。」とはっきりと言うだろう。しかしながら、考えてみてほしい、靴であればそんな状態でもいいのか?その話を聞いたら少し意見が変わったのではないだろうか。 Yシャツやスーツの手入れ、お洗濯、レザーシューズ、バッグの手入れはもはや、ビジネスマンである以上、マナーであると言えるだろう。しかし、そのマナーを守れていない人がいるため、その手入れこそ周りと差をつけるチャンスでもあると考えられないだろうか。定期的な手入れも日々の業務同様ルーティーン化して、ビジネスシーンでの成功につなげましょう。

    定番レザーシューズ4型

    【1】ストレートチップ
    つま先部分に横一直線の切り替えラインが入ったデザインのこと。キャップを被せたように見えることから『キャップトゥ』という名称で呼ばれることもあります。つま先部分にシワがつきにくく美観を保ちやすいという特徴があり、フォーマルなドレスシューズとして広く知られます。
    【2】プレーントゥ
    つま先や甲に飾りがないシンプルな靴。際立ったデザインがないため、靴のフォルムや革の良し悪しが表れやすい特徴があります。トゥに装飾がない革靴の総称として使われることもあるのでややこしいですが、厳密にはつま先のデザインの呼び名です。ビジネスシーンにおいてスタンダードなシューズです。昔からクラシカルスタイルのカジュアルファッションなどでは重用されるアイテムなので、プライベートでも履ける靴です。
    【3】モンクストラップ
    「モンク」とは、修道士の意味があり、修道士が履いていた靴を原型としたデザイン。バックル止めのストラップ(甲を締める)が特徴的で、プレーントゥよりも、少しカジュアルさやこじゃれた雰囲気が欲しい時にオススメです。2つのストラップがついた「ダブルモンク」と言ったデザインもあり、エレガントな雰囲気にピッタリですが、お悔やみごとなどには向いていません。
    【4】ウィングチップ
    つま先の切り替えがW字型で、鳥の翼のようなデザインが縫い付けらている靴。メダリオンという穴が開いたデザインを施されたものが多く、クラシックな雰囲気を演出してくれます。ドレスシューズと呼ばれることもあり、カジュアルな印象も強いので、冠婚葬祭やリクルートには向きません。ジャケットスタイルとの相性がよく、オシャレな印象になります。

    レザーシューズ最新トレンド

    スーツからジャケットスタイル、スマートビジネスなど、ビジネススタイルも大きな変革起きています。それは同様にレザーシューズにも、紐靴からスリッポンへ、革靴からスニーカーへ、紳士の足元に変革期が訪れている。ここからは最近の革靴のトレンドについてお話していこうと思います。スーツにレザーソールの端正な革靴ではなく、コンフォートなラバーソールの靴を合わせるあたり、いまどきのビジネススタイルを象徴している。経済力に余裕があっても、10万円を超える秀麗な高額革靴より3万円代でそこそこカッコいい履きやすい靴が選ばれることも少なくない。さまざまなシーンで、“こうあるべき”とされてきたスタイルが、“これぐらいでOK”となっている時代に、スラックスはタックパンツなど、少しゆるめの傾向も出てきているので、ゆるめパンツと相性の良いクラシカルな印象がまとえるタッセルローファーも近年注目が集まっています。 特に時代に左右されるアイテムではないですが、カジュアル革靴の定番コインローファーも最近はユーザーが増えています。 ジャケパンスタイルやジャケスラでも、デニムでもどんなスタイルにも合わせられる万能靴です。いまの時代、レースアップシューズはちょっとボリューム感がある方が注目されています。 ドレスなスタイルに薄手のレザーソールより、ラギッドなソールやラバーソールで、ちょっとハズす足元がトレンドになっています。ブランドで挙げるとすると、パラブーツのシャンボードなど業界人にも愛用者が多い人気ブランドです

    とにかく履きやすさが重視される時代でもある

    先ほど挙げたパラブーツのジャンボードもクッション性が高く、アッパーも雨を気にせず履けるので手間がかからず、おしゃれができると人気が出ています。 他には、「革靴のルックスにスニーカーの履き心地」で人気のシューズブランドダブルエイチ。ファッショニスタとして著名な干場雅義氏が監修に関わり、技術面を「ヒロシ・ツボウチ」などで知られるシューズデザイナーの坪内浩氏が支えています。「いま履くプレーントゥは、細身より丸み。ちょっとボリューム感あるフォルムが◎。なかでもラギッドソールやラバーソールは新しいドレススタイルにマストな要素。ビジネスカジュアルには間違いない靴だと思います。カップインソールの採用やクッション性、軽量など長時間の使用にも快適で疲れ知らず、そんな革靴がいまの時代ちょうどアジャストしているようです。悪いわけではありませんが、伝統を重んじる英国靴ブランドでは、なかなかこうはいきませんので、また違った需要が生まれていると感じます。

    変化に柔軟に対応しながら王道も忘れない

    ビジネススタイルの変化という、いまの時代背景を踏まえて、レザーシューズの手入れからトレンドの流れまで説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。かっちりしたスーツスタイルが必要な場面がすくなくなり、クールビズやジャケパンスタイルなどが増えている今の時代に合う足元の組み合わせが支持されています。場面や自分に合ったレザーシューズを選ぶことで、さまざまな場面で自信とおしゃれなスタイルを発揮することができます。足元からおしゃれを楽しんでいただけるきっかけになれば幸いです。トータルスタイリングに迷っている方は当店にご相談ください。

    オーダースーツ「Alcott アルコット」とは?

    価格、敷居が高いイメージのあるオーダースーツをもっと身近に気軽に楽しんでい頂きたいという想いから、カジュアルのセレクトショップにオーダースーツコーナーを設けました。立ち寄りやすい・相談しやすい環境ながら、フィット感の高い国産縫製のハイクラススーツを仕立てます。

    アルコットの5つの特徴

    【1】高品質なスーツをリーズナブルな価格で!
    【2】選べるスーツ生地は約1500種類!
    【3】あなたの魅力を最大限に引き出す雰囲気に合わせたご提案
    【4】百貨店のスーツを手掛ける縫製工場
    【5】安心の修理保証!

    Alcott

    電話番号
    0568-31-2211
    所在地
    〒486-0918
    愛知県春日井市如意申町7丁目1-11
    営業時間
    11:00 〜 20:00
    定休日
    水曜日 (祝日の場合は営業)
    支払い方法
    現金・クレジットカード・PayPay
    駐車場
    13台

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。